成果報酬型ECサイト構築・運用サービス『ショップアシスト』

ショップアシスト 成果報酬型ECサイト構築・運用サービス『ショップアシスト』

2022/04/05 | コラム

【ECサイトスタート後に大事なこと】ECサイト構築ではなく構築後が大変

実店舗からインターネットへと、消費の中心は移行しつつあります。こうした時代では、「ECサイト」を構築する重要性が高まってきました。一般的にECサイト初心者にとっては、構築する作業が非常に大変だとされています。しかし、構築後にもさまざまな作業が発生するので要注意です。この記事では、ECサイトをスタートさせた後で大事なポイントについて解説します。

構築前よりも忙しい?ECサイト構築後に必要なこと

実際にECサイトが構築されたら、自社の手で運営していかなくてはなりません。予想外のトラブルが起きることも珍しくなく、「構築前よりも構築後のほうが忙しい」という言い方もできるでしょう。以下、ECサイト構築後に必要となる作業について説明します。

#サイトの更新

最初にECサイトが完成した段階では、実用性は未知数です。ネットユーザーがサイトを利用し、注文が来てからようやくサイトを正しく評価できます。そして、ユーザーのニーズに合わせてサイトを更新、微調整していかなくてはなりません。デザインをより魅力的にしたり、操作性を考え直したりと、更新作業は絶え間なく続いていきます。

#データ解析

ECサイトを成功させるには、ユーザーのデータ解析が必須です。どのような顧客層がサイトを利用し、リピートしているかを把握しなければなりません。また、サイト内の売れ筋商品を解析し、今後のマーケティングに役立てることも大切です。プロモーションの効果測定、トレンド予測なども、ネットビジネスでは不可欠な作業となるでしょう。

#受発注・商品登録

販売業務を行っている以上、受発注や商品登録といった作業は絶対に避けられません。新しく商品を入荷するたび、ユーザーがECサイト上から購入できるよう、データを打ち込まなくてはならないのです。

#物流・在庫管理

サイトで扱う商品について、物流と在庫管理のシステムを整えておかなくてはなりません。スムーズに発送ができ、なおかつ在庫を常に把握できることが理想です。

#SEO対策・販促

検索エンジンの上位に自社サイトが登場するよう、コンテンツに工夫を施すことが「SEO対策」です。ECサイトのプロモーションにおいて、SEO対策は重要な役割を担っています。なぜなら、競合他社よりも下位に登場するだけで不利な立場になってしまうからです。それに加えて、SNSや動画サイトなど、ネットユーザーの目につく場所でのEC販促も、売上増加には効果的です。

#顧客のフォロー・カスタマーサポート

優良顧客を育て、リピーターを増やしていくには購入後のフォローも無視できません。DMを配信したり、クーポンを発行したりして、ユーザーが自社サイトに戻ってくる流れを作っていきます。理想的なのは、顧客の属性に合わせたアプローチを行うことです。年代や性別、ライフスタイルなどで顧客の属性を区分し、それぞれにもっとも響く形でのアプローチ方法を考えていきます。そのほか、ユーザーからのクレームや質問に対応する、カスタマーサポートも設置しておきましょう。

#メンテナンス・セキュリティ対策

ECサイトを安全に運営していくなら、日々のメンテナンスも重要です。もしもサイトに異常があったとしても、すぐに対応できるような仕組みを整えておきます。さらに、サイバー攻撃や不正利用、情報漏洩などを防ぐためのセキュリティ対策も必要です。ネット上の脅威は常に進化しているので、セキュリティ面のアップデートも怠れないといえます。

#企画

ネットビジネスは変化が激しい世界です。最新のシステムでECサイトを構築しても、2、3年ほどで古くなってしまう可能性も低くありません。また、消費者のニーズも変わっていきます。スタートしたときと同じままサイトを運営していては、時代の波から取り残されていくでしょう。そうならないよう、ECサイトでは新しいアイデアを生み出す努力が求められます。いかに企画力を高め、顧客の興味を引きつけられるかはECサイト成功の鍵となるでしょう。

ECサイト構築後はどこに頼る?外注先の業種まとめ

自社だけではECサイトの運用に不安がある場合、外注先を頼ることになります。ここからは、ECサイト構築後に依頼できる、外注先の例を挙げていきます。

#サイト制作

サイトのデザインやカートの仕組みなどを制作する仕事です。たとえば、主力にしたい商品が変われば、それを訴求するのにぴったりなデザインを提案してくれます。商品撮影や商品登録などもまとめて引き受けている業者もあり、外注することで自社の労力は軽減されます。

#集客代行

Webマーケティングやプロモーション活動を代行している業者も少なくありません。これらの企業には、ネットユーザーの消費データの収集スキルが身についています。さらに、SNSやブログなどの更新を担っている業者もあります。日常業務と並行しながらEC集客まで行うのはかなりの負担になるので、経験と技術を備えた外注先に依頼するのもひとつの方法です。

#受注代行・コールセンター

ECサイトが軌道に乗れば、商品の受注はほとんど毎日の仕事になるでしょう。ただ、自社の従業員が受注作業に追われてしまうと、ほかのコア業務に使える時間が失われていきます。こうした事態を防ぐため、受注を代行業者に依頼しているECサイトは多いのです。カスタマーサービスの一環であるコールセンターについても、多くの代行業者があります。

#物流倉庫

自社サイトの売上が増えていけば、物流や在庫管理に関しても規模を大きくしなければなりません。その場合、物流倉庫をレンタルし、発送や梱包、在庫管理まで頼んでしまう方法もあります。自社で新たに倉庫を作り、人員を雇うよりもコストを抑えられます。

#DMの発送

顧客にDMを代行で発送する仕事です。DMの作成、発送自体は難しい業務でなくても、相手が増えればかなりの手間になるでしょう。突発的にDMの必要性が生まれた際も、代行業者に任せれば自社の時間を削られることがなくなります。

#運営代行

そもそも、EC運用自体を代行業者にまるまる委託してしまうことも可能です。商品の選定からマーケティング、宣伝から保守にいたるまで、すべての業務を代行業者が担います。

#コンサルティング

経営や宣伝についてアドバイスを与え、ときには効果測定まで行う仕事が「コンサルティング」です。主に業界の経験者が自らのノウハウを基にして、クライアントに対応しています。マーケティングやプロモーションの分野では、コンサルタントの意見が参考になることも少なくありません。ネットビジネス初心者の場合、頼れる相談相手ができるのも魅力的なポイントです。思わぬトラブルを招かないよう、景品表示法や個人情報保護法などについて助言をくれるコンサルタントもいます。

ECサイトをスタートさせるには?構築前に準備しておくべきポイント!

構築した後、ECサイトではさまざまな作業が発生します。同時に、構築前で必要な作業についても押さえておきましょう。以下、ECスタートの前に、こなさなければならない作業を挙げていきます。

#業界と商品を研究する

まずは「どこの業界で」「何を売るか」を決めなくては、EC開業はできません。そのために、最初は業界と商品の研究を行います。たとえば、トレンドと呼ばれる人気商品であっても、競合がすでに飽和している可能性もあります。売上が大きい業界も、一部の企業の独占状態になっているケースは少なくありません。新たに参入して結果を残せる業界と商品が見つかったら、それから具体的にECサイトの内容を考えていきます。

#コンセプトを固める

競合が多いECサイトでは、オリジナリティのあるコンセプトが重要です。どのような目的で、何を訴求したいのかしっかり固めておきましょう。また、ターゲット層も絞り込み、そのうえでデザインの方向性を決めていきます。こうしたコンセプトは、実際にECサイトを設計、開発していくときの土台となります。

#構築方法を決める

ECサイトの構築方法は主に4つです。「ASP(アプリケーション・サービス・プロバイダ)」「オープンソース」「パッケージ」「フルスクラッチ」の中から、予算やコンセプトなどを基準にして選びましょう。まず、ASPはネットワークを通し、ソフトウェアを使えるようになるサービスです。初心者でもサイトを構築しやすい方法として、小規模なビジネスで利用されてきました。次に、無料コードを使ったサイト構築がオープンソースです。デザインの自由度が高く、自社でサイト構築するときに向いています。
パッケージは、ECサイト構築の専用ソフトを指す言葉です。自由度が失われる代わりに、構築後の安定したパフォーマンスを期待できます。そして、ゼロからECサイトを構築する方法がフルスクラッチです。ほかの方法と比べ、フルスクラッチは予算、時間、技術がもっとも必要となります。そのかわり、独自性の高いECサイトを構築できるでしょう。

#外注先を選定する

構築方法が決まったら、それに合わせて外注先を選ばなくてはなりません。仮にフルスクラッチを選ぶのであれば、サイト構築の実績が十分な業者に相談しましょう。フルスクラッチは仕様からセキュリティまで、サイトに関するすべての工程を業者に委ねなくてはならないからです。一方、ASPやパッケージは比較的、スムーズに構築できる方法だといえます。それでもサイトの保守、セキュリティ対策を安心して任せられる業者選びが不可欠です。

#設計と開発

業者を選び、コンセプトを伝え、条件面で納得できたら正式依頼となります。それからは、本格的にサイトの設計、開発へと動いていきます。この際、制作を依頼した外注先との連携が肝心です。もしも注文や疑問があるなら、外注先にしっかり伝えましょう。さらに、とりあえずは完成したサイトについても、システムのテストを入念に繰り返しておきます。エラーの有無、デザインの見やすさ、操作性などを確かめたうえで実用化できると判断してようやく、ECサイトはスタートします。

構築の前と後をトータルでサポートできるのはショップアシスト!

ECサイトでは、企画立ち上げから運用段階までさまざまな作業が発生します。株式会社エスアイアソシエイツが提供しているサービス、「ショップアシスト」なら、構築の前と後をトータルでサポート可能です。緻密なヒアリングに基づきサイトをデザインし、スタート後も評価と改善を続けていきます。クライアントの強みを伸ばし、不安を解消できるサービスとしておすすめです。