成果報酬型ECサイト構築・運用サービス『ショップアシスト』

ショップアシスト 成果報酬型ECサイト構築・運用サービス『ショップアシスト』

2022/03/14 | コラム

【ECサイトで使えるIT導入補助金とは】概要から申請方法まで分かりやすくご紹介

IT導入補助金とは?

IT導入補助金とは中小企業・小規模事業者が自社の課題やニーズにあったITツールを導入する経費の一部を補助することで生産性の向上をサポートするための補助金です。
また2021年は「低感染リスク型ビジネス枠」があり労働生産性の向上とともに感染リスクに繋がる業務上での対人機会を低減するような業務形態の非対面化に取り組中小企業・小規模事業者に対して通常の枠とは別に補助率を上げて優先的に支援するものもありました。

#事前に準備するもの

・gBizIDプライムアカウント
・SECURITY ACTION
・納税証明書
・履歴事項全部証明書

IT導入補助金申請の基本的な流れ

#補助事業への理解

まずはIT導入補助金の制度について理解を深めることが大前提です。
IT導入補助金の概要や対象となるツール、種類や補助金額などを理解しましょう。

※IT導入補助金2021年サイトより

#ITツールの選択とIT導入支援事業者の選定

次に導入するITツールを選定します。
IT導入補助金を検討される方は何かしらITツールの導入を考えている方がほとんどだと思うので検討しているITツールがIT導入補助金に対応しているかを提案してもらっている業者に確認すると良いでしょう。
IT導入支援事業者は事前にITツールを補助金事務局に登録していないと支援できないので検討しているツールが登録しているツールかどうかを確認しましょう。

#「gBizIDプライム」アカウントの取得「SECURITY ACTION」の実施

IT導入補助金の交付申請時にはgBizIDプライムのアカウントが必要になります。
gBizIDプライムとは、1つのIDとパスワードでいろいろな行政サービスにログインできるサービスです。すでに会社で取得している可能性があるので取得している場合はそちらを利用して、アカウントをまだ取得していない場合は、「gBizID」ホームページから新規取得が必要です。。

gBizID

IT導入補助金を申請する要件には「gBizID」に加えて独立行政法人情報処理推進機構(IPA)が実施する「SECURITY ACTION」の宣言が必要になります。

SECURITY ACTION

#交付申請(IT導入支援事業者との共同作成・提出)

gBizIDの取得とSECURITY ACTIONの宣誓が終わったらIT支援事業者と商談を進めながら交付申請手続きに入ります。
申請手続きはIT支援事業者から招待を受けて【申請マイページ】で進めます。
申請手続きは申請者の入力が終わったらIT支援事業者の入力があり双方が確認し合いながら進めます。

※必要書類
・履歴事項全部証明書(交付申請日から遡って、3ヶ月以内に発行されているものに限る)
・法人税の納税証明書(その1、直近分のものに限る。電子納税証明書は不可)

#ITツールの発注・契約・支払い

申請が完了し採択されたらITツールの発注と契約、支払いなどを行います。
※交付決定前に契約などをおこなってしまうと、補助金の対象外になりますので注意してください。

下記、書類が必要になります。
・発注書(見積書)
・入金履歴がわかるもの
・通帳の表紙コピー

#事業実績報告

交付申請完了後は実際みITツールの発注や契約、納品の支払いなどを行なった証憑書類を提出します。証憑書類の提出は交付申請を行なった「申請マイページ」から行うことが可能です。
申請時と同じでまず申請者が入力し、IT支援事業者が内容の確認と情報の入力を行い申請者が提出します。

#補助金交付手続きと事業実施効果報告

事業実施効果報告は定められた期限内に補助事業者が「申請マイページ」で補助額を確認できるようになります。その内容確認を行なった後に補助金が交付されます。

ITツールの導入は交付決定日から概ね半年以内に実行しましょう。

補助金の交付後は事業実施効果報告を提出します。事業実施効果報告は、ITツールの導入によってどれほど生産性の向上が実現したのかを、申請時の計画と比較しながら3年間に渡って行わなくてはいけません。
こちらも「申請マイページ」より入力する項目になるのであまり難しくありません。
IT導入補助金の申請に難しい手続きはございません。
IT支援事業者と協力しながら進めていくものになります。
必要書類もそう多くはないのでこの機会にIT導入補助金を活用し、業務のIT化を進めてると良いでしょう。